ヘルス嬢へのチップの渡し方

ヘルス嬢へチップを渡す時の料金やスマートで格好いい渡し方など解説。


風俗ヘルス行ってみたサイトマップ


ヘルス嬢が貰って嬉しいチップ

ヘルスで遊ぶ時に何かお土産やプレゼントを、と考えることがあります。旅行や出張で海外や遠方に行った場合にはその地方のお土産などを用意するのもいいでしょう。

しかしながら中々よそに行く機会もないし、というのであればチップを用意するのがお勧めです。
お土産やプレゼントは時としてハズしてしまうことがありますが、チップはそのような心配はありません。断言しますが、チップが嬉しくないヘルス嬢はいません!

風俗ヘルス好きが集まる掲示板

風俗ヘルスについて気になることがあるならこの掲示板で質問してみてもいいのではないでしょうか。
一般人は知らないことでもその業界の人からの適切な答えがもらえる可能性も。

風俗Q&Aドットコム

チップは高額でなくてもOK

チップとして渡すならそれなりの金額でないといけないのではと心配しなくても大丈夫です。少額であっても全然OKです。
1,000円でも良いですし、余裕があるのであれば5,000円〜10,000円くらい奮発するのも有りです。

ただしわざわざ用意するなら小銭よりもお札の方が格好がいいです。
その際にはポチ袋も用意すると好感度が高いですね。最近は100均でも可愛い柄のものが売ってますし、ちょっと変わった袋を用意すればヘルス嬢との会話のきっかけにもなります。

チップをあげたいけどわざわざ用意するほど予算がないと言う場合もありますよね。そんな時はお釣りの端数を渡すのもスマートな方法です。
ヘルスのコース料金の場合はキリ良いことがほとんどなので交通費として大目に渡すとか、ジュース代と言って500円を渡すなどの方法も有りです。

ヘルス嬢へのさりげないチップの渡し方

日本ではチップを渡すことって中々ないので、いざ渡すとなると緊張してしまいます。海外の人のようにさらりとスマートに渡すことが出来たら格好いいなと思います。
さりげなくチップを渡す方法をいくつか紹介しますので、参考になったら嬉しいです。

1,000円〜3,000円くらいなら「少ないけどお小遣いとして」「明日のご飯代の足しにでもしてよ」と渡してみてはいかがでしょう。

5,000円〜10,000円ともなると少ないけどというのはへりくだり過ぎるので、「今日はありがとう」「気持ち良くしてくれた感謝の気持ちだよ」というような言い回しも良いですね。
時々聞きますが「これで服orバッグ買ってね」などのように言うのはやめておいた方がいいです。5,000円とか10,000円という金額は男性からしたら中々の額ですが、女性からするとそうでもなかったりします。
ヘルス嬢の女性が持つ服やバッグは10,000円くらいでは購入出来ないものが多いのです。こういう時は「服orバッグを買う足しにしてね」というのがベターです。

数万円ともなると普段さりげなくという金額でもなくなるので、お誕生日などの記念日に渡すことが多いのではないでしょうか。
数万円単位の高額チップであれば「おめでとう」「これお祝いに受け取って」のようにプレゼントという意味を持たせてもいいかと思います。

チップは金額の多い少ないよりも渡し方が重要だと思います。
もちろん高額なチップは嬉しいものですが、例えば小銭しかない場合であっても「これで帰りに飲物でも買ってね」と一言添えると金額の少なさも気になりません。

チップを渡したからと過剰なサービスを要求しない

チップを渡す時は上から目線にならないように気を付けましょう
チップを渡して”あげる”という意識でいないことが大切です。渡す時に受け取ってくれたら嬉しいという気持ちでいるだけで伝わるものです。

お金をあげたんだからもっと良い接客してよ、と行って過剰サービスを強要するような不届き者もいるようです。特に本番要求が激しいという話も聞きます。

チップは強制ではありません。お金を出したくないならあげなくていいのです。
チップとはヘルス嬢のサービスに対しての感謝の気持ちです。今日はありがとう、これからも頑張ってねという応援の気持ちでもあります。

プレイに関するお金なのであればオプション料としてお店に支払うべきです。正規の手続きを踏んでサービスをしてもらいましょう。
そもそもチップ程度の金額で本番をお願いしようだなんて甘い考えです。本番したいのであればソープに行かなければなりません。