風俗ヘルスの禁止事項

風俗ヘルス未経験者にも分かりやすく、安心してヘルス遊びが出来るように。ヘルスの禁止事項やNG設定を解説。


風俗ヘルス行ってみたサイトマップ


風俗ヘルスの禁止事項とは

ヘルスでは禁止事項が設けられています。楽しくヘルス遊びをするならば必ず守らなくてはならない内容です。
禁止事項をまとめたので、これからヘルスで遊ぶ初心者の方も、ヘルス遊びは慣れている方も遊ぶ前に確認してください。

  1. 本番行為や本番行為の交渉や強要。
  2. 盗聴・盗撮行為。
  3. 過度に乱暴なプレイや大声を出す、脅迫など女の子を怖がらせる、女の子が嫌がる行為。
  4. 同業者によるスカウト行為。
  5. 女の子との個人情報の交換。
  6. プライベートで誘う。
  7. 薬物の摂取および泥酔している場合の利用。
  8. 性病の場合。
  9. 店の前での待ち伏せや後を付けるなどのストーカー行為。

禁止事項というのは店や働くヘルス嬢を守ることを第一に定められています。店によっても少し違うことがありますので、遊ぶ前に必ず確認しておきましょう。

風俗ヘルス好きが集まる掲示板

風俗ヘルスについて気になることがあるならこの掲示板で質問してみてもいいのではないでしょうか。
一般人は知らないことでもその業界の人からの適切な答えがもらえる可能性も。

風俗Q&Aドットコム

ヘルス嬢のNG設定とは

ヘルス嬢には店の禁止行為以外にもNG設定というシステムがあります。店のプレイリストに入っているものでも、女の子がこれは私には無理と思えばNG設定にしてプレイ不可の状態になることです。
主にオプションプレイの中で出来るもの出来ないものと指定されています。
私は道具OKだけど、縛りはNGや私はソフトSMはOKだけどイラマチオはNGなどのようにNG指定は女の子によって違います。

もしも希望のオプションがある場合はNG指定していない女の子の中から選ぶようにしましょう。 女の子を指名した後に希望のプレイがNG指定されていたなんてもったいないですからね。
安くないお金を出して折角ヘルスで遊ぶのですからこういった些細なミスで失敗したなーなんて思いたくありません。

NG指定はサイトのヘルス嬢のプロフィールなどに掲載されています。よく分からないという場合には店員に聞くと教えてくれますよ。

ヘルスの禁止事項を破るとどうなる?

NG指定には女の子が苦手な客をというパターンもあります。NG指定された客はもうそのヘルス嬢を指名することもフリーで入ることも出来なくなります。

NG指定される客というのはルールを守らなかったり、禁止事項をしようとしたりと接客するのが難しい、嫌だと思われる客です。
きちんとルールを守り、紳士的に遊んでいればNG指定されることはありませんので安心してください。
もしもNG指定されているようなら、何か遊び方に問題がある可能性も。自分の遊び方を振り返ってみて反省すべき点はないのか確認してみましょう。

あまりにもルールを守らなかったり、店全体に迷惑を掛けるくらいに禁止事項を破るなどの場合は店自体に出入り禁止(出禁)になることも。
さらには破った禁止事項の内容によっては罰金や法的な措置を取られる場合もあります。

ヘルスで本番出来た!記事を参考にしない

ヘルスは本番禁止の風俗です。本番がしたいのであればソープに行きましょう。

しかしネットで検索すると「ヘルスで本番が出来た」系の記事を良く目にします。
何度でもしつこく言いますが、ヘルスは本番禁止!です。
支払った料金には本番の代金は含まれていません。過剰サービスの強要ですし、店の禁止事項に抵触するため、後でトラブルとなるでしょう。

ヘルスなどの風俗で起こるトラブルのほとんどは禁止事項やルールを守らなかったために起こっています
ヘルスで本番が出来た、本番出来る方法などの記事は参考にしてはいけません。