派遣型風俗について

風俗ヘルス未経験者にも分かりやすく、安心してヘルス遊びが出来るように。派遣型風俗についての解説。


風俗ヘルス行ってみたサイトマップ


風俗嬢を派遣するということ

最近では風俗店を新たに出店するのは色々と難しくなっています。 出店する場所も限られている為、狭い範囲で競合することになってしまいます。
新しい店は常連の獲得からしなくてはならず、既に常連に支えられている既存店に競り負けてしまうのが現状のようです。

そのため店舗を構えない派遣型の風俗業界がとても元気があるようです。
昔は最低限でも受け付けや嬢の待機室が必要でしたが、インターネットが普及したことでそれも必要じゃなくなりました。

インターネットが窓口となりいつでもどこにでも派遣が可能となったことで認知度も高まり派遣型を利用する人も増えたのではないかと思います。

派遣型風俗の種類

派遣型風俗の代表と言えばデリヘルではないでしょうか。数ある風俗ジャンルの中でも最も多いとも言われます。
デリヘルの中でも様々なコンセプトのある店が誕生しており、それぞれのニーズに合わせた使い方が出来るのも人気のひとつでしょう。
更に決まった店舗が無いので場所を選ばずどこにでも派遣が可能!時代のニーズに合わせたコンセプト店の作りやすさなども増加を後押ししているではないでしょうか。

また派遣型のメンズエステやマッサージも人気となっています。元々ホテルではマッサージを部屋に呼ぶサービスがあった事から受け入れやすい土台があったのだと思います。
せっかくマッサージを受けるなら女性にお願いしたいと思う気持ちはわかりますからね。
さらにちょっと際どい所までマッサージしてくれてドキドキ感も味わえるとなれば利用しない手はありません。

風俗ヘルス好きが集まる掲示板

風俗ヘルスについて気になることがあるならこの掲示板で質問してみてもいいのではないでしょうか。
一般人は知らないことでもその業界の人からの適切な答えがもらえる可能性も。

風俗Q&Aドットコム

派遣型風俗のメリット

派遣型風俗の便利な点は何と言っても希望の場所まで来てくれることです。
自宅やホテル等の自分のテリトリー内にいるという安心感や、店の外で会うというシチュエーションによって親密感を感じられるなどもメリットとしてあるでしょう。
特にイチャイチャプレイが好きな場合は本当の恋人のような気持ちでプレイに入りやすいです。

店舗型の風俗では受付や待合室や移動の廊下などで他の客と会うこともありますが、派遣型の場合はそういうこともありません。
風俗店で他の客と会う気まずさというストレスがひとつ減りますね。

派遣型風俗のデメリット

派遣型風俗の場合はホテルに呼ぶとなるとホテル代が必要となります。風俗嬢と折半なんてことはありえませんので、もちろん全て自腹です。それから風俗嬢の交通費も必要となります。
結果としてコース料金以外に数千円単位の出費があります。
自宅に呼ぶ場合にはホテル代は必要ないですが交通費は必要です。
これを負担に思うなら店舗型の風俗を利用する方がいいかもしれません。

金銭的な問題意外に特に大きなデメリットは無いと思います。 店舗型か派遣型かどちらを使うかはその時の財政状況と相談するのが良いでしょう。