風俗ヘルス嬢が頑張った分だけチップを弾むべし!

日本にはチップ文化がないからこそ、風俗ヘルスでもチップをあげると大変喜ばれます。ではチップは具体的にどのように、いくら渡せば良いのでしょう?


風俗ヘルス行ってみたサイトマップ


風俗ヘルスでもチップは常識?

必然ではないけれど貰えてラッキー、それがチップ。日本にはチップ文化がないからこそ、風俗ヘルスでもチップをあげると大変喜ばれるというものです。

風俗ヘルス嬢はリラクゼーションマッサージに合わせて、手コキによる毒抜きも行う為、その物理的負担はかなりのもの。そんな女性の頑張りを、チップという形で手渡しすることは、まさにザ・ジェントルマンだからできる業。

しかし蓋を開けてみると、風俗業界では意外にチップを渡せる粋な男性客はいるものなんですよ!勿論満足度に応じた金額を心づけとして手渡しするものなので、その金額は人それぞれ。

通常は1000円から数千円程度多い場合は1万円札を気前よく渡す男性もいますが、女性のお気に入り度、満足感、お店のランクに合わせてチップ金額は微調整していきましょう。

気兼ねないチップの渡し方としては「お釣りは取っておいてね!」と、さり気なくサービス料金のお釣りの数千円を渡す場合がスタンダード。もし小銭がお釣りの場合は、それに加えて紙幣を数枚、「食事代またはタクシー代にでも使って!」と手渡すといいでしょう。

チップは必ずしも支払う必要こそありませんが、満足したサービスを受けた場合、今後も女の子と親しくなりたい場合にはチップを弾むといいでしょう。

風俗ヘルス好きが集まる掲示板

風俗ヘルスについて気になることがあるならこの掲示板で質問してみてもいいのではないでしょうか。
一般人は知らないことでもその業界の人からの適切な答えがもらえる可能性も。

風俗Q&Aドットコム 風俗Q&Aドットコム

チップを渡す際に心がけること

風俗ヘルス嬢にとってチップはオプション同様に、全てが自分のポケットマネーになる大切な臨時収入

さてここではチップを渡す際に、気を付けるべきポイントを解説していきます。ストレスを植え付けることなく、女の子を喜ばす為にはいったいどんな点を留意すればいいのでしょうか?

@格好つけず、もったいぶらずに渡せる。

A下心を見せてならない。

B見下さない。

前述でも少し触れましたが、チップはいかに自然な流れで渡せるかが重要になります。その際は自分の社会性や収入を誇示するのではなく、あくまで対等な立場に立って女の子にチップを渡せる紳士さが必要です。

またチップをあげているのだからと、今度指名する時にその見返りを期待するのもNGですよ。しばしチップをチラつかせて本番を迫る男性もいますが、大きなトラブルになりかねないので絶対やめましょう。

中には数百円の小銭チップで、突然横柄になるお客もいるので、チップの意味合いを今一度再考しなければなりません。

なお心付けとしてのチップを渡す際には、「今日はどうもありがとう!」または「またよろしくね!」など、サービスに対しての感謝の意や次回の指名を暗に示すと、女性は大変喜ぶのでぜひあなたなりの一言を添えて渡してあげてくださいね。

余裕を持ってチップは渡そう!

チップを払う男性客は大概給料日やボーナスなど、金銭的に余裕がある時期に風俗ヘルスを利用した場合、またはほろ酔い加減でサービスを利用した際に財布の紐が緩む傾向があります。

しかしながら、もし指名をしたいと思う女性セラピスト、またはお気に入り嬢がいる場合は、お財布事情にチップ額が左右されない為にも、毎回無理のない金額を渡す習慣をつけた方がベター。

ある時は1000円、ある時は5000円、または500円などチップの額に開きが出てしまうと、サービスにムラがあるのかな?と女性を不安にさせてしまうからです。

いくら感謝の気持ちだとしても、チップをあげることで自分の生活が苦しくなるようでは本末転倒。まずは1000〜2000円程度の無理のないチップ額を捻出し、手渡すことからスタートしましょう。

なおしばしポケット、小銭入れにある硬貨をチップとして渡す方もいますが、これは絶対NG!

769円、387円、もしくは889円などを女性に渡しても、チップというよりは単なる小銭処理に付き合わされた!とデリカシーの無い客認定されてしまうので注意してくださいね。