風俗ヘルスで性病を貰わない為にできること

風俗ヘルスが嫌いな男性は少ないはずです。しかしそれゆえに危惧しなければならないのが性病罹患。ここでは風俗ヘルスのSTD感染事情を解説、同時に性病予防方法も考察していくのでぜひ参考にしてみてください。


風俗ヘルス行ってみたサイトマップ


風俗ヘルスのSTD感染事情

風俗ヘルスはいわゆる本番を除いた性行為ができる場のことで、派遣型の場合はデリヘルまたはホテヘル、店舗型のものはヘルス(ファッションヘルス)と呼ばれています。

それらの形態の違いについての詳細はまた別の機会にお話しますが、これらの風俗ヘルスについで、性病感染の温床になっている事実から目を背けることはできません。本番行為がなくとも、体液が粘膜部位に接触して感染する、それが性病の恐怖なのです。

ここでいう体液とは血液精液膣分泌液などのことを指し、粘膜部位は皆さんご存知の通り口腔内腸菅性器のことですね。基本的に性病は日常生活で風邪を引くように感染することはなく、注射針や輸血などの例外を覗いて、性行為から感染します。

つまり本番行為はなくとも、多くの男性が来店し性行為を行う風俗ヘルスには、症状こそ見えにくいものの、知らず知らずのうちに性病に罹患している女性キャストが多く存在し、そしてお客への感染を広げていく負のループが存在しているのです。

風俗ヘルス側も対策として性病の啓蒙や検査を強化しているところも多いのですが、必ずしも性病検査が義務づけられているわけではなく検査料が女性負担のお店も多いことも性病感染が減らない原因と考えられています。

風俗ヘルス好きが集まる掲示板

風俗ヘルスについて気になることがあるならこの掲示板で質問してみてもいいのではないでしょうか。
一般人は知らないことでもその業界の人からの適切な答えがもらえる可能性も。

風俗Q&Aドットコム

風俗ヘルスで貰う性病は?

風俗ヘルスで感染してしまう性病としては以下のようなものが挙げられます。

@ヘルペス……性器だけでなく唇にも感染し、赤いブツブツなどができリンパ節が腫れる場合があります。再発することも多い厄介な性病の一つです。

Aクラミジア……喉やペニスに感染することが多く、尿道の痛みや痒み、不快感があります。

B淋病……特に男性の場合は生のフェラチオによる感染が多く、風俗ヘルスが感染源ともいえる代表的な性病です。

C梅毒……ペニシリンが発見されるまでは死の病と呼ばれ、梅毒トレポネーマが原因で感染。特にアナルセックスでの感染が多いことで知られます。

DHIV……現代では慢性疾患として認定されていますが、一生服薬が必要になるSTDで最も重篤な病気の一つ。HIV感染不安などのメンタル疾患とも深く結びつき、最近は梅毒などの重複感染が多く報告されています。

これら以外にも風俗ヘルスで感染する可能性がある性病は複数ありますが、箱型ヘルスもデリヘルに関しても、その回転率の良さがゆえにSTD感染は爆発的に増えています

最近は風俗ヘルスの低年齢化、また高齢者のキャスト女性も増え、今まではNGであった外国人客にも門戸を広げ始めたのも、性病感染が増えた理由と考えられているのです。

男性ができる性病対策

男性側ができる性病予防は多くありますが、実際それらを正しく実行している方はあまりいません。

まず大切なのがペニスや口腔内の衛生状態を保つこと。働く女性だけでなく男性もプレイ前後のシャワー歯磨きイソジンは徹底すべきです。また前述のように体液と粘膜部の接触が性病感染の根源になってくるので、最初から最後までのコンドーム着用は必須!

特に風俗ヘルスでは本番がないからこそ、生フェラに情熱を傾ける男性が多いのですが、唾液、口腔内経由での性病感染のリスクは非常に高いのでフェラチオの際もコンドームは必着です。またクンニアナル舐め等もリスクが高い行為なので注意が必要!

自分は大丈夫と思う男性は大概何かしらの性病に罹患している場合が多く、そこから彼女や他の第三者に性病を感染させている事実にも気づいていません。

意識の欠如というものは性病対策にもダイレクトに影響を及ぼすものです。自分自身の予防だけでなく、風俗嬢の性病知識や予防、お店の対策がしっかりしていることも大切になってきます。

基本的に格安店になればなるほどお店の回転率は高くなり、比例するごとく性病の知識がないお店、女性が増えます。お財布には厳しくなりますが、性病罹患のリスクを考えるのであれば、それなりの対応、意識力がある高級風俗ヘルスを利用する方がベターと言えるでしょう。