風俗ヘルス嬢の本音(プレイ編)

風俗ヘルス未経験者にも分かりやすく、安心してヘルス遊びが出来るように。ヘルス嬢が思っているプレイに対する本音などを解説。


風俗ヘルス行ってみたサイトマップ


風俗ヘルス嬢の本音とは

風俗ヘルスで働くヘルス嬢も色々と思うことがあるのではないでしょうか。
体力的にも精神的にも大変な仕事であり、お客さんの行動や言動で疲労度も変わってくるはずです。
もしも嫌だなと思うお客さんが来た場合、サービスに身が入らないということもありえるかもしれません。 ヘルス嬢も人間ですから精神的なものに左右されるのは当然のことです。
しかし反対に好きなお客さんだった場合、疲れていても頑張ろう!と力が入るものなのではないでしょうか。

ここではヘルス嬢の本音を知る事でヘルス嬢に好きになってもらえる良客になってもらいたいと思っています。
風俗ヘルス初心者だけでなく、遊び慣れた人も一度自分のプレイや行動、言動などを振り返って当てはまらないかチェックしてみてはいかがでしょう。

風俗ヘルス好きが集まる掲示板

風俗ヘルスについて気になることがあるならこの掲示板で質問してみてもいいのではないでしょうか。
一般人は知らないことでもその業界の人からの適切な答えがもらえる可能性も。

風俗Q&Aドットコム

禁止事項を強要されるのが一番嫌

ヘルスには店の定めたルールや禁止事項があります。HPなどにも掲載されていますし、最初に遊ぶ時に説明がある場合もあります。

多くのお客さんはルール内で遊んでいるのですが、中にはルールを破って禁止されているプレイを強要する客もいるとのことです。
特に多いのは本番の強要だとか。ヘルスでは本番は禁止されています。本番をしたいのであればソープに行きましょう。
ルールを破って本番をするのがスリリングで良いとか寝ぼけたことを言う客もいるようですが、普通に警察案件ですからね。

あとはNGプレイやヘルス嬢に断られたプレイをしつこく強要するのも絶対にやめましょう。一度断ったら絶対に無しということです。
1〜2回はわざと断って焦らすプレイではありません。そういう焦らしプレイはリアルの恋人とやってください。

プレイ中は優しく触ってほしい

ヘルス嬢を愛撫する際には自分の思っている以上に優しく触りましょう
男と女では元々の力が違います。男性が思っている優しい触り方が女性にとっては強い、痛い触り方の場合も多々あります。
特に風俗ヘルスで触れるのは乳首や女性のアソコなどデリケートな部分が多いので余計に痛みや不快感を感じやすい場所になります。

ヘルス嬢は少し痛いなと思っても雰囲気を壊さないようにと我慢をしてしまいます。お仕事ですからね。
しかしあなたが気持ち良くなっているすぐ隣で苦痛に感じている女性がいることをどう思いますか?もう少し優しくするだけで女性は苦痛じゃなくなるのです。

適切な力加減が分からないのであればヘルス嬢に聞きましょう。ヘルスで分からないこと不安なことを聞く事は恥ずかしいことではありません。むしろ分からないくせに分かったようにテクニック(笑)を披露している方が恥ずかしいですよ。
ヘルス嬢によっても好みの力加減が違います。全員を一律に考えず、ヘルス嬢ごとに確認をするのが良いでしょう。

女性に触れる優しい適切な力加減を知る事はヘルス遊び以外でもきっと役に立つことでしょう。
男としてのレベルをあげたいなら優しく触るテクニックこそまず身につけましょう。

プレイ中はお客さんが気持ち良くなればいい

ヘルス嬢はぶっちゃけプレイ中に自分が気持ち良くなろうとは考えていません。では何を考えているかというといかにお客さんを気持ち良くしてあげるかということを考えています。

お客さんはプライベートでリラックスしにきているかもしれませんが、ヘルス嬢は仕事中なのです。
1人終わったからお終いというわけではなく、他にもサービスするお客様が控えているのです。サービスの度にいちいち気持ち良くなっていたら体力が持ちません

もちろんプレイ中にヘルス嬢に気持ち良くなって欲しいという男性の気持ちが悪いというわけではありません。ただしあまりそこに拘らなくていいという事です。

身体の気持ち良さと同じくらいに精神的に満足することの気持ち良さもあると思います。プレイに対する感謝やヘルス嬢のテクニックで気持ち良くなったということを伝えるだけでも十分です。