ハズレの風俗ヘルス嬢とは?

折角遊ぶならハズレは引きたくないですよね。ではそどうすればハズレを引かずに心から風俗ヘルスを楽しむことが出来るでしょうか。


風俗ヘルス行ってみたサイトマップ


ハズレの風俗ヘルス嬢の特徴

どんな風俗店にも当たり外れがありますよね?写真とは全然違う女の子が来るなんて、もはや風俗業界の常識です。

抜き有の風俗ヘルスに至っても、ハズレのセラピストを引いてしまうことはよくあります。さて、ハズレと言って皆さんはどんな女性が思いつくでしょうか?ここでは、よくある風俗ヘルスのハズレセラピストの特徴をまとめていきます。

①会話のキャッチボールがイマイチできない(外国人女性の日本語能力を含め)
②使用オイルの分量が尋常じゃない、または少なすぎる
③爪が長すぎ、またはキラキラネイル
④マッサージの加減が分からない(へたくそ)
⑤パネマジ女子

一般的に風俗ヘルスはソフトなヘルスサービスなので、女の子のレベルは比較的高いと言いますが、実際は上記のようなセラピストに当たってしまい残念無念と嘆く男性は少なくありません。

風俗ヘルスの場合は、ルックス、スタイルはもちろんですが、マッサージの腕やコミュニケーションに問題が出てくる場合が多い傾向にあります。

風俗ヘルス好きが集まる掲示板

風俗ヘルスについて気になることがあるならこの掲示板で質問してみてもいいのではないでしょうか。
一般人は知らないことでもその業界の人からの適切な答えがもらえる可能性も。

風俗Q&Aドットコム 風俗Q&Aドットコム

ハズレ嬢を引いてしまうケース

女の子をハズレとか当たりとかで差別する男がまず人としてオカシイ!一番大切なのはやる気とおもてなし、なんてきれいごとはやっぱり通用しません。それなりの金額を支払うのですから、やはりハズレのセラピストは避けたいですよね。

さてここでは、どんな場合に残念なセラピストを引き寄せてしまうのかを考察していきましょう。分かりやすく箇条書きにしてみると、

・新規開店のお店
・いきなりロングコース
・フリーのセラピスト
・プロフィールをそのまま信じ込んでしまう
・セクシーなボディーショットに釘付け

パネマジで引っ掛かる人はもちろんいますが、多いのが新規の入店でいきなりロングコースで指名してしまう場合です。マッサージだけじゃなくて、しっかりヘルスサービスの時間も確保したいという思惑で、90分や120分コースを選んでしまうわけですね。

しかし実際は、初回で本当にタイプの子、しっくりくる子が担当になるのかは全くの未知数。これは他の風俗店でも言えることですが、初の指名はショート!気に入った女の子ならば、次回はロングコースが基本です。覚えておきましょう。

また風俗エステは、メンズエステと同様にそれなりのマッサージ技術や間の取り方が必要不可欠。新規のベテランセラピストも少なく、お店のマッサージのマニュアル作りやトレーニングが不十分なこともある、オープンしたてのお店もオススメはできません。

技術力が必要な風俗ヘルスだからこそ、経験値のあるセラピスト、長く営業を続けているお店を選ぶことを推奨致します。

なお、風俗ヘルスは顔を隠して兎にも角にも身体のラインや胸の大きさ、谷間を強調する写真で集客するパターンが非常に多いです。確かにスタイルはよく見えて、オッパイもC~Dカップはある巨乳だとしても、実はただ単にふくよかなマシュマロ女子だったなんて話はよく聞きます。

風俗エステでもプロフィール写真の加工は、プロの職人によって修正されているので、あまりスタイルの良さに惑わされないでくださいね!

風俗ヘルスを心から楽しむために

それではハズレを引かないためには、何をどう気をつければいいのでしょうか?お客サイドからはなかなか見えにくい部分ではありますが、まずWEBサイトの力の入れ具合更新状況からお店のやる気を測ることができます。

また、女の子の当たりハズレについても店長、スタッフによるプロフィール文の熱量をビシビシと感じるセラピストを指名するようにしましょう。

それに加え、最近は個人のSNSを公開しているセラピストも増えてきました。プライベートの写真や動画をマメに投稿しているような女の子も要チェックです。本人投稿によるSNSの写真加工は素人に毛が生えたレベルですし、自身を売り込むマネージメント力の高さは、そのままプレイの質にも反映されるので覚えておくといいでしょう。